日本茶セミナー 1899ティーカレッジ

日本茶セミナー 1899ティーカレッジ

最近皆さん、急須でお茶を飲んだことはありますでしょうか?
「毎日飲んでるよ」という方もいらっしゃると思いますが、実はここ最近自宅に急須が無い家も増えてきているという話をよく聞きます。

飲料の多様化やペットボトルの普及など様々な要因が語られていますが、結果お茶は近年輸出は増えているものの、国内での供給量は減ってきている状況です。

1899ティーカレッジでは、伝統的で親しみある日本茶を、改めて美味しくいただき、急須のあるお茶の風景を見直していただくことを目指し、指導経験豊富な日本茶インストラクターである若葉園(東京・日暮里)の竹内ひさ代氏や、日本茶からワイン、日本酒、チーズと幅広い見識を持つ二宮斉子氏に加え、外部講師たちが実際に現場で培った、自宅での楽しみ方をセミナー形式でお伝えしていきます。

1899ティーカレッジは定期的に開催しております。
最新情報など、詳細はイベントページにてご覧ください。

お茶の知識がなくても大丈夫

・自宅に急須が無いけれども、これから日本茶を楽しみたいと思っている方
・日本茶は大好きだけど、正しく淹れられているか改めて学びたい方
・日本茶に関係するより幅広い視野を持ちたい方
・日本茶を通して、生活をより豊かにしていきたいと感じている方
・とにかく日本茶に関する知識や情報を知りたい、聞きたいという方
・東京で開催されているセミナーをお探しの方

なぜ日本茶セミナー 1899ティーカレッジ?

1899ティーカレッジを行うレストラン1899お茶の水(東京都千代田区)、ホテル1899東京(東京都港区)は、『お茶と共に過ごすゆるやかな時間』を提供します。レストランは、2014年にホテル龍名館お茶の水本店(東京都千代田区)の1階メインダイニングとしてホテルのコンセプトである「和」を食の観点から「お茶」と「和食」で表現しました。ホテル1899東京は2018年12月に、東京にお越しいただいた多くの国内外の方々に、お茶と共にゆるやかな時間を過ごしていただく場として開業。1階にはデリ&バル1899東京として、レストランよりもカジュアルに、お持ち帰りを中心としたスタイルで営業しています。

伝統的な飲料であり、現代でも多くの人に親しまれている日本茶は、飲料の多様化や、ペットボトルの普及などにより、若い世代を中心に急須離れがささやかれています。
しかし、近年、健康志向の高まりから国内に限らず世界中で愛飲されており、お茶のルネッサンスでもあると私達は感じています。飲食店では無料で提供されているお茶も、コーヒーや紅茶のように、より多くの人に価値を感じていただくことはできないでしょうか。東京ではそのようなカフェなども多く誕生しておりますが、急須離れがささやかている現代で、より多くの方に知っていただくことが必要と私達は感じております。

茶道とも煎茶道とも違う1899流のおもてなしで、日本茶の素晴らしさ、楽しみ方を伝えられる「お茶と共に過ごすゆるやかな時間」をお届けしたいと切に願い、1899ティーカレッジを開催しています。