1899について

1899について

お茶とともに、ゆるやかに
心潤う、おもてなし

1899はホテル龍名館お茶の水本店(東京都千代田区)の
メインダイニング「レストラン1899御茶ノ水」として、
2014年に誕生いたしました。

創業1899年(明治32年)の龍名館の改装にあたり、
かつて徳川家御用達の名水であったことから
その名が由来するお茶の水の地で
「お茶と共に過ごすゆるやかな時間」をブランドコンセプトに、
龍名館が旅館時代から培ってきた会席料理に
お茶を取り入れ「茶を食す」新しい和食体験を提供してきました。

2018年、国内外のより多くの人たちに、
お茶のあるライフスタイルと出会っていただきたいという想いを持って
ホテル1899東京を開業。
さらにご自宅でも愉しんでいただくために、
1899こだわりの商品もご用意しました。

1899で過ごす時間を通して、心の満足を提供していきます。

<レストラン1899御茶ノ水>
御茶ノ水駅より徒歩3分。「お茶を食べる」和食レストランです。
公式サイトはこちら

<ホテル1899東京>
新橋駅より徒歩9分。
2018年12月1日に開業した1899ブランド初の「お茶」をテーマにしたホテルです。
公式サイトはこちら

<デリ&バル1899東京>
ホテル1899東京に併設している誰もが自分らしいスタイルで思い思いの時を過ごせるデリ&バルでは、解放感あふれる縁側のような空間でお茶を使った惣菜をはじめスイーツ、ドリンクをご用意しております。
公式サイトはこちら