1899 CHACHACHA Blog

東京家政学院大学とお茶請けを共同開発しました!|1899 CHACHACHA BLOG

2021/07/24 茶を食す話 山口沙織

東京家政学院大学とお茶請けを共同開発しました!|1899 CHACHACHA BLOG

女子大生とコラボ!新しいお茶請けできました

お茶をおいしくいただくために欠かせない、お茶請け(おちゃうけ)。
レストラン1899お茶の水の「六煎茶セット」では、お茶に合うお茶請けと六煎茶をセットで楽しんでいただけるのですが、
このお茶請けを、東京家政学院大学の4年生2名と共同開発いたしました!

実は昨年から長い間コツコツと進めていたこちらの企画。
今日のブログで、その裏側と、完成したお茶請けをご紹介したいと思います。

東京家政学院大学は、レストラン1899お茶の水の所在地と同じ、千代田区にキャンパスを持つ女子大学です。

千代田区には、区内の大学が区の補助を受け、千代田区に関する様々な事象を一つの学問として学ぶ「千代田学」という取り組みがあるのですが、
この「千代田学」を活用されている東京家政学院大学から、学習の一環として商品開発に挑戦したい!というご連絡をいただき、ご協力させていただくことになりました。

はじめは、「お茶料理を共同開発しましょうか~」という事で話を進めていたのですが、コロナ禍のため、レストランのディナ―営業がストップ。
お茶料理の提供機会が減ってしまうことを懸念し、お茶請けの共同開発へと方向転換することになりました。

急な方向転換でしたが、スイーツが大好きという女子大生お二人。「わかりました!」と心強い返事を頂戴して、共同開発がスタートしました。

始まる、試作の日々

今回の共同開発を監修するのは、レストラン1899お茶の水の店長兼料理長である、大久保将史です。

和食の確かな技術にお茶の知識を加え、これまでに数々のお茶料理や、お茶スイーツを生み出してきました。

(店舗での真摯な料理作りに取り組む「店長兼料理長」と、オフタイムで見せるユーモアの溢れた「お茶目」な二つの顔を持ち、社内に隠れファンも多いという噂も!)

大久保から、六煎茶に合うお茶請けにしてほしいこと、サイズ感、季節感など、お願い事項をお伝えし、学生さんに試作に取り組んでいただくこととなりました。

この打ち合わせが春頃だったのですが、東京ではその後3度目の緊急事態宣言が…!

大学でも、入校の制限がかかり、普段通りに試作もできない状況だったそうなのですが、そんな中でもさくさんのスイーツ案をいただきました。

トレンドや、お茶を取り入れたスイーツのかわいいイラストに、思わずほっこり。
大変な中でも、学生さんたちの頑張りが伝わってきます。

その後もオンライン上でのやりとりをしながら、学生さんたちには頑張っていただきました。
授業の後や、ご自宅でも試作を重ねてくださったそうです。ありがとうございます。

来る、試食会の日

そして6月某日、ついに試食会の日が。

これまで画像で経過を拝見していたスイーツの実物をついに見られる、そして味わえるということで、同席していたわたしも気分が高まります。

テーブルの上には、お持ちいただいたお茶請けがずらり。

学生さんにメニューひとつひとつについて説明いただきながら、いざ試食。

いつもは優しい大久保も、この時は真剣な料理人の目になっています。

私も試食させていただいたのですが、どれも今の1899では提供していないものばかりで、新鮮でとっても楽しく味わわせていただきました。

授業や試験などもある忙しい中で、商品開発に全力で取り組んでくださった学生さんお二人。
プレゼンを終えたお二人からは、やり切った感がにじみ出ているのを感じました。
お二人とも、長い間お疲れ様でした!

日本茶に合う、夏のお茶請けの完成

「あとはプロにお任せします!」という言葉を受けて、ここからは大久保にバトンタッチ。

六煎茶セットとして1899で提供するのに、一番ぴったりな商品はどれか?
厳選して、調整して、完成したのがこちらです。

1品目は、学生さんが、風鈴の形に見立てて考案したという水饅頭。
透明感のある葛(くず)の中に抹茶の餡が浮かんでいて、見た目だけでも涼やかですが、食べるとレモンの酸味が爽やかに香ります。

2品目は、鹿児島をテーマにした調理実習の時に食べて、印象に残っていたという鹿児島銘菓、軽羹(かるかん)です。
ふわふわの白い生地の下には、1899らしくほうじ茶と黒蜜で煮詰めたクルミが入っています。

どちらも、夏にもお茶にもぴったり合いそうな和スイーツですよね。

こちらのコラボスイーツは、8月1日から31日まで、レストラン1899お茶の水の「六煎茶セット」のお茶請けとしてお召し上がりいただけます。

提供時間は、14:00~16:30のカフェタイムです。

お茶請けも自信作ですが、六煎茶もそれに負けない自信のある、1899のオリジナル日本茶になっています。
是非、期間中にセットで味わってみてくださいね。

東京家政学院大学のみなさま、素敵な企画をありがとうございました!

レストラン1899お茶の水の、お茶メニューについてのご案内はこちら