1899 CHACHACHA Blog

春のアフタヌーンティーしてきました|1899 CHACHACHA BLOG

2021/03/06 茶を食す話 山口沙織

春のアフタヌーンティーしてきました|1899 CHACHACHA BLOG

三月になり、日に日に春めいていますね。

レストラン1899お茶の水で3月1日から発売された新作、「桜」がテーマの「1899アフタヌーンティープレート」を早速食べてきました!

毎シーズンお客様からご好評いただいている、1899の看板スイーツメニューをたっぷりご紹介いたします。

アフタヌーンティープレートの販売時間は14:00~16:30(L.O.16:00)のカフェタイムです。
私が行った日は、晴れがとっても気持ちの良い天気で最高のアフタヌーンティー日和。
テラス席で爽やかにPCを開かれている方もいらっしゃいました。
お仕事がいつもより捗るかもしれません。

感染症対策のため、入店時には検温と手指消毒。
席にはパーテーションが。

ランチタイムが落ち着き、店内にはゆったりした雰囲気が漂います。
ガラスから春の日差しがいっぱい差し込む快適な店内は、お一人さまでもたっぷり楽しめますよ。
今回私もひとりで入店しましたが、快適でした。

メニューは、使い捨ての紙タイプで用意されています。

もうひとつの春の新作スイーツ、「桜とほうじ茶の春色パフェ」に心惹かれつつも、今回はアフタヌーンティープレートをオーダー!

もちろん、日本茶も一緒に注文します。
ブレンド茶を通常価格よりも少しお得に飲める、「本日のお茶」を頼んでみました。

この日は、「ほうじ茶×山椒」。
生姜はおなじみですが、山椒って意外ではないでしょうか?
ほうじ茶のやさしい味わいを邪魔しない程度に、ほのか~なピリリとして、ちょうど良い味わいです。

ブレンド茶は、全部で9種類。深蒸し煎茶・和紅茶・ほうじ茶をベースに、和の素材をブレンドしているのですが、たくさんあるとどれにするか迷ってしまいますよね。
そんな時は、店内に素材の香りを確認できるコーナーも使ってみてください。

私が最近気に入っているのは、この日のブレンド茶にも使われていた山椒です。
ずっと香っていたくなるような癖になるいい香りですよ。

日本茶を味わっていると、1899アフタヌーンティープレートが席に到着。
一皿に、桜づくしの9品が並びます。

一番目を引くのは、センターにそびえ立つ「桜色ミルフィーユ 和紅茶クリーム」。
カスタードクリームに、和紅茶と、隠し味としてマスカルポーネチーズを合わせたクリームとイチゴを、パイ生地でサンドしています。仕上げにイチゴパウダーを振りかけられていて、桜色に。

甘さ控えめの和紅茶クリームと、フレッシュなイチゴの香りが合います。

お隣は、「さくらあんバターのミニどら焼き」。生地には米粉を使用しているので、もちもちの食感です。バターと甘いさくらあん、甘酸っぱいイチゴが挟まれていて、食べると一気に春気分に。

お皿右下には、和食料理人のアイディアをフルに活かした和ゾーンが。
ほうじ茶で炊いた茶飯で作った酢飯のてまり寿司と、春の山菜「タラの芽」に色鮮やかなしんびき粉をまぶしてあげた「春の山菜 しんびき粉揚げ」は、ほんのり塩気があって、甘いスイーツの箸休めになります。

一緒に並ぶ「春色羊羹」は、桜の花びらの塩漬けをあしらった羊羹と、抹茶羊羹の2層になっていて、見た目にも春満開な新作です。

単品のスイーツメニューとしても人気の高い「抹茶タルト」も、花びらがたのゆり根の蜜漬けを散らして春仕様に。クルミのサクサク食感が楽しい、抹茶と豆腐を使いヘルシーに仕上げたチョコタルトです。

奥の「1899ロゴ」が可愛い一品は、「さくらと抹茶のミニパフェ」です。
抹茶プリンに、苺ソース、桜ジュレ、いちご、酒茶ケーキのロースト、抹茶あられ、玄米、ホイップクリーム、ストロベリーパウダーを重ねた、ミニサイズながら春とお茶要素が詰またパフェです。

そして、隠れファンの多い「濃茶アイス」。京都産の茶葉 の、一 番美味しい時期の若芽をひと芽ひと芽摘み取り、石臼で丁寧に挽いた抹茶を 3.7%使用 しています。
抹茶のうまみが濃厚に感じられますよ。
何度食べてもとっても濃厚で、唸りたくなる味わいです。

遅めの昼食の後だったので、食べきれるかな~と少々心配でしたが全くの杞憂。
ぺろりと平らげてしまいました。

ボリューム満点の一般的な“アフタヌーンティー”に比べると、リーズナブルで、ほどよいボリューム感なので、ランチの後のティータイムにおすすめです。

レストラン1899お茶の水店内には、ミニショップコーナーもありますので、ご来店の際にはチェックしてみてくださいね。

ご紹介した1899アフタヌーンティープレートは、5月31日までの季節限定です。
土日や、平日でもお日にちによっては込み合いますので、Webからお席のみでご予約いただくのがおすすめですよ。

春を味わえるアフタヌーンティープレート、おすすめです♪

カフェタイムの席予約はこちら

<1899アフタヌーンティープレート>

提供店舗:レストラン1899お茶の水
販売期間:2021年3月1日(月)~2021年5月31日(月)
提供時間:カフェタイム(14:00~16:30、L.O.16:00)
価格:1800円(税込)

  • ●桜色ミルフィーユ 和紅茶クリーム
  • ●さくらと抹茶のミニパフェ
  • ●春色羊羹、栗の甘露煮
  • ●さくらあんバターのミニどら焼き
  • ●てまり寿司
  • ●春の山菜 しんびき粉揚げ
  • ●抹茶タルト
  • ●濃茶アイス
  • ●季節の果物3種

公式HPはこちら

P.S
1899アフタヌーンティープレートを職人が作り上げる様子は、こちらでご覧いただけます!