1899 CHACHACHA Blog

お茶をテーマにしたホテルって、どんなホテル?|1899 CHACHACHA BLOG

2020/07/18 心の旅の話 山口沙織

お茶をテーマにしたホテルって、どんなホテル?|1899 CHACHACHA BLOG

蒸し暑い日が続きますね。皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

1899は7月1日より営業を再開いたしました。

今回は、改めてホテル1899東京を皆さまにご紹介させていただきたく、営業再開直後の店舗にやってまいりました。

ブログ初登場の副支配人インタビューや館内の様子など、動画や写真をたくさん使ってご紹介して行きたいと思います!

ホテル1899東京への代表的なアクセスはJR新橋駅から徒歩10分ですが、
おすすめなのは都営三田線の御成門駅をご利用いただくこと。
こちらのA3b出口からだと、徒歩6分ほどでたどり着くことができます。

個人的に嬉しいポイントは、最寄出口をでると、東京タワーが見えること。笑

東京タワー、いつ見ても元気が出ますよね。
今日は雲がちょっと多いですが、ここで一目見るのがホテルに向かう時のひそかな楽しみだったりします。

さっそく脱線しましたが、御成門駅から歩くこと6分、ホテルが見えてきました。

ちょっと隠れ家風の入り口から中に入り、エレベーターで2階にあがると、レセプションが。

このフロントカウンターは、茶室をイメージしたデザインになっているのですが、
ホテル1899東京は、フロントだけではなく、ホテル全体のテーマが「お茶」になっています。

「お茶をテーマにしたホテル」って、一体どんなものなのか?
今日は、それを紐解いていければと思います。

まずは、詳しそうなスタッフに話を聞いてみましょう。

発見したのは、副支配人の宇留野広樹さん。

CHACHACHAブログには初登場ですが、開業準備の段階から最前線でホテル1899東京に携わる、1899にとって欠かせない重要メンバーの一人です。

ホテル1899東京のHPはこちら

宇留野さん、ありがとうございました!

ちなみに・・・動画ではクールな対応でしたが、
疲れたときは自宅で「マイ茶香炉」を焚いて癒されるという、かわいらしい一面も持っています。

インタビューでも語られていたとおり、2階ロビーにはチェックインのためのフロントカウンターと対で、ティーカウンターがあるのが特徴です。

こちらでは、お客様のご宿泊中、お好きな時に抹茶や煎茶をフリーでお楽しみいただけます。

ご到着されてすぐ、ゆっくりお召し上がりいただくのも良し。

夜ふらりとお立ち寄りいただいて、気さくなスタッフとのおしゃべりを楽しんでいただくも良し。

写真や動画をお撮りいただいたり、しずかに旅のプランを立てたり、PCを開いたり…一息つける場所として、ありがたいことに多くのお客様にご利用いただいています。

今回は、「なかなかホテルには行けない」という方へ雰囲気だけでもお伝えしたく、
ティーカウンターの様子を動画を撮ってきました。ご覧ください。

2階ロビーの壁面には、ショップコーナーを設けています。
気になる商品を実際に手に取ってご覧いただけます。

ちなみに、私の一押し商品は急須と湯飲みです!
どれもかわいいので、組み合わせを考えるだけでも楽くなってしまいます。


2階のロビーを堪能したら、さっそく客室に向かいたいところなのですが、
実は、共有スペースにもお茶要素がちりばめられているのです。

よく見ると、フロアサインが茶さじのかたちだったり。

エレベーターサインが柄杓を上から見たときのシルエットだったり。

ルームナンバーが、ふすまの引き手モチーフだったり。

インテリアとして馴染んでいるので、知らないとスルーしてしまうこと請け合いですが、
お茶好きの皆さまは、是非チェックしていただきたいポイントです。

それでは、いよいよ客室に向かいます。

▶次ページ 客室にもこだわりのお茶の要素が