1899 CHACHACHA Blog

【BLOG】【知ってたらすごい!】お茶とコーヒー いい関係?

2019/05/11 ゆるやかな時間の話 水野豊

【BLOG】【知ってたらすごい!】お茶とコーヒー いい関係?

前回のテイン(お茶)とカフェイン(コーヒー)のトリビア( by KONcierge )に因み
今回もお茶とコーヒーについて徒然に話をしてみようかと。
テイン(お茶)とカフェイン(コーヒー)の話を聞いてまず思い浮かんだのは、有名な老舗「喫茶室ルノアール」ですね。
美味しい珈琲(コーヒー)の後に、絶妙のタイミングで日本茶(緑茶)が供されます。
元々は花見煎餅(せんべい)というお店でメニューに日本茶と煎餅のセットがあったことの名残で、「本当に寛いでゆっくり過ごして欲しい」というメッセージを込めて現在でも続けているのだそうです。

正に「お茶と共に過ごすゆるやかな時間」がここにある。
テイン(お茶)とカフェイン(コーヒー)の二重奏だった訳で、ビジネスパーソンが午後の英気を養うには(改めて)とてもよい場所だったのですね。
ということで、今回はいつものDELI&BAR 1899 TOKYOでなく、東京駅近くの某「喫茶室ルノアール」で原稿を書いています。

「この炭水化物女め!」

『シェフとギャルソン、リストランテの夜』(原題:Big Night 1996年アメリカ映画)という大好きな映画があるのですが、パスタとリゾットを同時に注文した女性客にイタリア移民のシェフが(裏)厨房で罵るセリフがこれで、

「このカフェイン男め!」

テイン(お茶)とカフェイン(コーヒー)の観点からすると、こういうイメージでしょうか。
が、しかし、巷にはダイエットに効果があるという「緑茶×コーヒー」なる飲み方があるのを発見しました。

『おいしく飲んでみるみるやせる 緑茶コーヒーダイエット』日本実業出版社

という本に詳しく書かれているのですが、工藤孝文さんという減量外来ドクターが考案した飲み方で緑茶カテキンと、コーヒーポリフェノールのクロロゲン酸には脂肪燃焼効果があり、別々に摂取するのではなく、混ぜることで相乗効果が高まり、カフェインの取り過ぎなどのデメリットも防げるなど、ダイエットにはいいとこ取りの飲み方なのだそうです。
緑茶とコーヒーを1:1で割ったものを、1日3杯、食直前に飲むというダイエットメソッドです。

最近はネットでもかなり話題になっているようですの、既にご存知の方も多いと思いますが、ダイエットは、知っていることに全く意味はなく、「実践と習慣化」以外に方法はありません。
周囲から性格がキツくなってきているのに、身体がマルくなってきていると言われている小生も心のダイエットと体のダイエットを「実践と習慣化」しようと、お茶とコーヒーのメニューがある1899でも、ダイエットに効果があるドリンクとして美味しく開発してみようと考えています。
※他力本願(笑)

過去に営業の仕事で在日イタリア商工会議所にお邪魔していた頃、赤のレーザー張りのチェアにマホガニーの重厚なテーブルのある会議室で必ず供されていた絶品のダブルのエスプレッソ。

「いや~、イタリアは違いますね」と感激する小生に、

「イタリア人にとって、日本人にとっての緑茶と同じです」と返され、

妙に腑に落ちたのを思い出します。
いまや、日本人のコーヒーの消費量が緑茶の5倍超となっていますが、美味しい日本茶と美味しいコーヒーを共に愉しめる日本は幸せだなあと思いつつ、
今一度、現代に活きる「お茶のあるゆるやかな時間」、ライフスタイルを作って、日本茶の価値の再発見に繋げてゆきたいなと徒然に思いながら、ルノアールの美味しい〆の日本茶をいただきました。

全日本コーヒー協会 統計資料「日本国内の嗜好飲料の消費推移」より

P.S.

今年もRESTAURANT 1899 OCHANOMIZUで、6月1日から「抹茶ビアガーデン」が始まります。

ご予約はお早めに
(ご予約はこちら)