イベント情報

1899ティーカレッジワークショップ
【オンライン】お家で日本茶ソーダを作ろう!~夏のお茶を楽しむ~

2021/08/14(土)、15(日)、21(土)、22(日)| オンライン

1899ティーカレッジワークショップ <br><b>【オンライン】お家で日本茶ソーダを作ろう!~夏のお茶を楽しむ~</b>

■ご自宅で夏のお茶を楽しみましょう!


1899ティーカレッジでは、お客様の安全を最大限に考慮しオンライン(Zoom)での開催にてワークショップを実施いたします!

8月のテーマは「夏のお茶を楽しむ」です。
いつもの急須で淹れるお茶を炭酸で割ると、どんな味がするんでしょうか?
1899オリジナルブレンドの深蒸し煎茶「六煎茶」に、愛媛県産いよかんを使って保存料・着色料・添加物を一切使用せずに作られた「ニノズコンフィチュール」を入れて、「見て楽しい」「飲んで美味しい」夏ならではの涼しげなお茶を楽しみましょう!

ワークショップでは、深蒸し煎茶「六煎茶」の美味しい淹れ方をご紹介する他、深蒸し煎茶「六煎茶」と「いよかんコンフィチュール」を使って1899の人気メニューである「日本茶ソーダ」を一緒に作ります。

ワークショップキットは事前にご送付させていただきます。ご自宅で本格的なカフェメニューづくりに挑戦しましょう。
※当日お客様にご用意していただくものもございます。

■イベントのポイント

  • 深蒸し煎茶「六煎茶」の美味しい淹れ方と、自宅で簡単にできる深蒸し煎茶「六煎茶」と 「いよかんコンフィチュール」を使った日本茶ソーダの作り方をお伝えします。

  • 愛媛県産いよかんを使って保存料・着色料・添加物を一切使用せずに作られた、「ニノズコンフィチュール」を入れて、「見て楽しい」「飲んで美味しい」夏ならではの涼しげなお茶を楽しみましょう!

  • 「急須付き」のチケットをお選びいただくと、ホテルやカフェでも使用している、三重県四日市市にある南景製陶園の急須、「黒くすべ」をお届けいたします。>>商品の詳細はこちら

場所 オンライン「Zoom(ズーム)」で行います。
実施日 ①8月14日(土)14:00-15:00
②8月15日(日)14:00-15:00
③8月21日(土)14:00-15:00
②8月22日(日)14:00-15:00
※4回とも同じ内容となります。
内容 ◆当日のスケジュール
13:45 受付開始(Zoomにログインしてお待ちください)
14:00 開講、講師紹介、事前送付のキット内容を確認
    深蒸し煎茶「六煎茶」を淹れる(一煎目)
    お茶とは何か
    いよかんコンフィチュールを使った日本茶ソーダの作り方(二煎目)
    質疑応答
15:00 閉講
参加費 急須付き 8,000円
急須なし 3,500円

※ワークショップ代・ワークショップキット代(送料含)など、全て込みの料金です。
※お申込時にPeatixサイト(またはアプリ)を通してのお支払いをお願いいたします。
クレジットカード・コンビニ支払い・ATMでの支払いが可能です。

◆ワークショップキットの内容(事前送付)
・深蒸し煎茶「六煎茶」 (8g) 
・ニノズコンフィチュール いよかん 一瓶 (160g)
・お茶請けのお菓子(おかき)
・炭酸水(500ml)
・カップ&ストロー
・ワークシート
・1899オリジナルファイル
・南景製陶園の急須「黒くすべ」※急須付き(8,000円)チケットをご購入の方のみ

定員 各回先着10名様
申込方法 2021年7月12日(月)16:00よりWEBにてご予約を受付けます。
https://1899tokyo.peatix.com/」にアクセスいただき、「開催予定のイベント」より、ご希望のお日にちをお選びください。表示が無い時は「すべてを見る」をクリックしてください。
※各開催日の7日前まで予約可能です。
お客様へのお願い <ご予約前後のお願い>
※「1899ccc@ryumeikan.co.jp 」のドメインを受信できるよう、設定をお願いいたします。

<当日ご準備いただくものについて>
・急須 1つ
・湯のみ 2つ
・沸騰したお湯 300ml ほど(ポッドなどに入れてご準備ください)
・氷6個(目安です)
・ティースプーン2つ

備考 ※ご参加は18歳以上の方に限らせていただきます。
※商品発送後のキャンセルはお受け致しかねます。ワークショップキットは開催日の1〜3日前に届くように発送させていただきますので、キャンセルの場合は1週間前迄にお願いいたします。
※イベントで撮影した写真はSNS等へ掲載する事がございます。予めご了承下さいませ。
※講師は変更の可能性がございます。

今回の講師

日本茶セミナー1899ティーカレッジとは

最近皆さん、急須でお茶を飲んだことはありますでしょうか?「毎日飲んでるよ」という方もいらっしゃると思いますが、実はここ最近自宅に急須が無い家も増えてきているという話をよく聞きます。飲料の多様化やペットボトルの普及など様々な要因が語られていますが、結果日本茶は近年輸出は増えているものの、国内での供給量は減ってきている状況です。 日本茶セミナー1899ティーカレッジでは、伝統的で親しみある日本茶を、改めて美味しくいただき、急須のある日本茶の風景を見直していただくことを目指し、指導経験豊富な日本茶インストラクターである若葉園(東京・日暮里)の竹内ひさ代氏や、日本茶からワイン、日本酒、チーズと幅広い見識を持つ二宮斉子氏に加え、外部講師たちが、実際に現場で培った、自宅で楽しめる日本茶の楽しみ方をお伝えしていきます。

お茶の知識がなくても大丈夫

  • 自宅に急須が無いけれども、これから日本茶を楽しみたいと思っている方
  • 日本茶は大好きだけど、正しく淹れられているか改めて学びたい方
  • 日本茶に関係するより幅広い視野を持ちたい方
  • 日本茶で、生活をより豊かにしていきたいと感じている方
  • とにかく日本茶に関する知識や情報を知りたい、聞きたいという方

なぜ1899ティーカレッジ?

1899ティーカレッジを行うレストラン1899お茶の水(東京都千代田区)、ホテル1899東京(東京都港区)は、『お茶と共に過ごすゆるやかな時間』を提供します。レストランは、2014年にホテル龍名館お茶の水本店(東京都千代田区)の1階メインダイニングとしてホテルのコンセプトである「和」を食の観点から「お茶」と「和食」で表現しました。ホテル1899東京は2018年12月に、東京にお越しいただいた多くの国内外の方々に、お茶と共にゆるやかな時間を過ごしていただく場として開業。1階にはチャヤ1899東京として、レストランよりもカジュアルに、お持ち帰りを中心としたスタイルで営業しています。

日本の伝統的な飲料であり、現代でも多くの人に親しまれている日本茶は、飲料の多様化や、ペットボトルの普及などにより、若い世代を中心に急須離れがささやかれています。しかし、近年、健康志向の高まりから日本に限らず世界中で愛飲されており、お茶のルネッサンスでもあると私達は感じています。 飲食店では無料で提供されている日本茶も、コーヒーや紅茶のように、より多くの人に価値を感じていただくことはできないでしょうか。近年、そのようなカフェなども多く誕生しておりますが、急須離れがささやかている現代で、より多くの方に知っていただくことが必要と私達は感じております。

茶道とも煎茶道とも違う1899流のおもてなしで、日本茶の素晴らしさ、楽しみ方を伝えられる、「お茶のあるおもてなしの食風景」をお届けしたいと切に願い、1899ティーカレッジを開講します。

ティーカレッジ過去の様子

過去のティーカレッジ風景