1899 CHACHACHA Blog

おすすめの神社&観光グルメスポット8選!
「サラリーマンの街・新橋」で御朱印集め|1899 CHACHACHA BLOG

2022/01/18 一服のお茶のような話 1899茶バリエ

おすすめの神社&観光グルメスポット8選!<br />「サラリーマンの街・新橋」で御朱印集め|1899 CHACHACHA BLOG

みなさんこんにちは。
ホテル1899東京の茶バリエ、直木です。

突然ですが皆さん、ホテル1899東京がある街「新橋」にどんな印象をお持ちですか?

新橋駅前のSL広場、お仕事帰りのサラリーマンで賑わう居酒屋通り、銀座から歩いてすぐのビジネス街、など様々な印象をお持ちの方がいらっしゃるのではないでしょうか。

実は、サラリーマンの街・新橋には、いろんなご利益がある神社や、観光・グルメスポットがあります。

神社といえば、その神社によって異なる御利益をはじめ、独自のおみくじやお守り、最近では御朱印集めなども人気ですよね。

「御朱印」とは、そもそもお寺に写経を納めた証としていただけるものだったそうで、いまではお寺や神社に参拝をすればいただけるものになりました。
とはいえ、御朱印は神様やご本尊の分身とも言われているため、スタンプラリーのような感覚でコレクションするのではなくマナーを守って有難く頂戴したいものです。

私も神社の厳かな雰囲気とその背景にある歴史を知るのが好きでよく観光で訪れるのですが、御朱印帳を持って出かけることが多々あります。

今回あらためてホテル1899東京がある新橋の魅力を新たに発見すべく、ホテル周辺の新橋エリアを御朱印帳を持ってお散歩してみました!
普段お仕事で新橋にいらっしゃる方もつい観光で訪れたくなるようなおすすめの神社と、スタッフいきつけのグルメスポットをご紹介します!

目次

  1. カラフルな御朱印がかわいい「烏森神社」
  2. 老舗の和菓子屋さん「文銭堂」
  3. 名物は切腹最中⁉「新正堂」
  4. 出世の石段を駆け上がって開運!「愛宕神社」
  5. かき揚げ丼が絶品の天ぷら「之村」
  6. 日本茶でほっと一息「チャヤ1899東京」
  7. 徳川将軍家とのゆかりの深い「増上寺」
  8. 新橋に来たら外せない観光スポット「東京タワー」

 

1.烏森神社

住所:東京都港区新橋2丁目15番5号 JR新橋駅徒歩2分
ご利益:商売繁盛・技芸上達・家内安全・必勝祈願

はじめに訪れたのは、新橋駅から歩いてすぐの「烏森神社」です。

参拝したのは平日の14時すぎでしたが、次から次にスーツ姿のビジネスマンが参拝に来ていました。さすが商売繁盛にご利益がある神社ですね!

そして烏森神社は芸能の神と言われている神様をお祀りしている数少ない神社とのこと。

 

まずはお参りから。
烏森神社では、商売や芸能のほかに「家内安全」、「諸事円満」の御神徳もあるということで、これからも元気に過ごせるように健康を祈願しました!

 

 

この神社の有名なところは、カラフルな「心願色みくじ」があることです。
なんとおみくじと一緒に願掛けができる独自のおみくじだそう・・・!

赤(恋愛・良縁)、黄(金運・幸運・商売)、青(厄祓・仕事・学業・技芸)、緑(健康・家庭)の四色に色分けされています。

お願いを書く「専用書き処」もなんだがとても可愛かったです。


御朱印もとてもカラフルでした!
新橋にこんな可愛い神社があったのか!とびっくり・・・

新橋駅からのアクセスも抜群なので、烏森神社に参拝されてみてはいかがでしょうか?

 

2.文銭堂

文銭堂本舗 新橋本店
住所: 東京都港区新橋3-6-14 新橋駅から徒歩3分

烏森神社から歩いてすぐの老舗和菓子屋さんです。
新橋・虎ノ門エリアの近くにある「新虎通り」にちなんだ新虎焼きが美味しくてよく足を運びます。季節によっていろんな種類があるので毎シーズン毎にチェックしたくなります。

今回は「あずき」「抹茶」そして「りんご」を買ってみました!

他にも最中や生菓子などいろんなお菓子があります。
烏森神社からすぐの場所にあるので、神社にお参りした後に是非美味しいお菓子をゲットしてくださいね!

 

3.新正堂

御菓子司 新正堂
住所:東京都港区新橋4丁目17−2 新橋駅から徒歩6分

神社巡りの途中ですが、ついついお菓子屋さんをはしごしてしまいます・・・

ホテルスタッフにも大人気のお菓子を売っている和菓子屋さんです。
有名なのは「切腹最中」。
なんともインパクトがある名前のお菓子ですが、取引先にお詫びするときに持っていく時に持参するお菓子として愛用されているとか・・・さすが「サラリーマンの街・新橋」ですね!他にもお菓子の詰め合わせの「営業セット」などもありました。名前がとてもユニークです!

新橋ゆかりのお菓子をこちらで買ってホテルで一休み、なんかもいいですね。

 

4.愛宕神社

住所:東京都港区愛宕1丁目5番3号
都営三田線「御成門駅」徒歩8分 JR「新橋駅」徒歩20分

ご利益:商売繁昌・火に関するもの、防火、防災・印刷・コンピュータ関係・恋愛、結婚、縁結び

続いて訪れたのはホテル1899東京から徒歩7分ほどの愛宕神社です。こちらの神社の一番の特徴は、この境内に繋がる長くて急な階段。

その名も「出世の石段」!!!
この名前の由来にはこのようなストーリーがありました。

「時は寛永11年、江戸三代将軍、家光公が将軍家の菩提寺である芝の増上寺にご参詣のお帰りに、ここ愛宕神社の下を通りました。
折しも春、愛宕山には源平の梅が満開。家光公は、その梅を目にされ、 「誰か、馬にてあの梅を取って参れ!」と命ぜられました。
しかしこの愛宕山の石段はとても急勾配。歩いてのぼり降りをするのすら、ちょっと勇気が必要なのに、馬でこの石段をのぼって梅を取ってくることなど、とてもできそうにありません。
下手すれば、よくて重傷、悪ければ命を落としそう。家臣たちは、みな一様に下を向いております。
家光公は、みるみる機嫌が悪くなり、もう少したてば、怒りバクハツ!というそのときに、この石段をパカッ、パカッ、パカッとのぼりはじめた者がおりました。家光公。その者の顔に見覚えがありません。
「あの者は誰だ」
近習の臣に知る者はありません。
「おそれながら」
「おう」
「あの者は四国丸亀藩の家臣で曲垣平九郎(まがき・へいくろう)と申す者でございます」
「そうか。この泰平の世に馬術の稽古怠りなきこと、まことにあっぱれである」
平九郎は見事、山上の梅を手折り、馬にて石段をのぼり降りし、家光公に梅を献上いたしました。
平九郎は家光公より「日本一の馬術の名人」と讃えられ、その名は一日にして全国にとどろいたと伝えられております。」

(愛宕神社 公式HPより)

実際にこの石段を馬で駆け上がったなんて・・・信じられません!

階段を登る前に、先ほどゲットした「新生堂」のお菓子「出世の石段(抹茶味)」と記念撮影しました!

これからここを登るなんて・・・

もちろん私は馬に乗ってではなく歩いて登ったのですが、スニーカーで来て本当によかったと思いました(汗)

ゼーぜー言いながら頂上につくと、そこには綺麗な境内がありました。

頑張って登ってよかった・・・!

心を落ち着かせてまずはお参りから。

こちらの愛宕神社も烏森神社と同じく、平日にも関わらずお参りに訪れる方が絶えません。

御朱印を待っている間に「だるまみくじ」を引いてみます。

一つずつ顔が違うだるまさんのおみくじ・・・!かわいい!
私はこのダルマさんにしました。

おみくじは「末吉」でした。
「出世の石段」をのぼっただけで出世した気分でいました(笑)
今年も精進します!

御朱印は御朱印帳に直接捺してもらうスタイルでした。
愛宕神社では自然豊かな境内を眺め、素敵な御朱印もいただくことができました。
急な階段を頑張って登った甲斐がありました。

 

5.天ぷら「之村」

住所:東京都港区新橋6丁目13−13 ジプラス新橋1F 新橋駅から徒歩10分

神社巡りでお散歩したのでお腹が空いてきました。

ホテルから歩いて1分の「天ぷら 之村(ゆきむら)」さんで名物のかき揚げ丼をいただきます!!!

プリプリのえびとたっぷりのお野菜のかき揚げ丼は、いつ来ても美味しい!

ホテル1899東京のスタッフは之村のかき揚げが大好きでよくお客様にもおすすめしています。ホテルから徒歩1分ほどなので、お腹いっぱいになった後にすぐホテルで休めるのもいいですね。

 

6.チャヤ1899東京

住所:東京都港区新橋6-4-1 ホテル1899東京1F
都営三田線御成門駅から徒歩6分 新橋駅から徒歩10分

美味しいかき揚げ丼を食べたばかりですが、美味しいお茶と甘いものは別腹・・・

ホテル1899東京の1Fにある日本茶カフェ「チャヤ1899東京」は、急須で丁寧に淹れた日本茶や、ラテやソーダにアレンジしたお茶ドリンクなどを気軽に楽しめる日本茶専門カフェです。

抹茶パンやお茶パフェなど、お茶アレンジを加えた軽食やスイーツもおすすめですよ。

1899オリジナルの深蒸し煎茶「六煎茶」美味しいお茶と一番好きな日本茶パン「抹茶パン あんバター」をいただきながらこれまでの神社巡りの余韻に浸ります。

ホテルのチェックインは15時からですが、カフェは広々としていて席に電源プラグがついているところもあるのでそれまでゆっくり過ごすことができます。

新橋エリアはビジネスマンが多く、街の流れも心なしか早い気がします。

チャヤ1899東京は新橋駅からは10分程歩きますが、周りはとても静かで店内にはゆるやかな時間が流れていますよ。

訪れた神社のもつ歴史やストーリーを思いだしながら美味しいお茶をいただきました。

 

7.増上寺

住所:東京都港区芝公園4丁目7‐35 都営三田線 御成門駅から徒歩3分

チャヤ1899東京で休憩したあとは、ホテル1899東京から歩いて10分ほどの増上寺までお散歩しました。

東京タワーのすぐ隣に構える増上寺は、600年の歴史を持つ徳川家康公ゆかりの「黒本尊」を祀る「勝運」のお寺です。

「勝運」とは、「物事全般が優れた方向に運ぶ」の意味だそうです。

皆さんご存知の徳川家康公は、江戸時代に幾多の難を逃れ天下を統一し、泰安の世を築きました。その家康公にゆかりのある増上寺にお参りすることで、物事全般が勝れた方向に運び、明るい幸福な人生を送れるという、とても有難いスポットです。

増上寺でも御朱印をいただきました。
徳川家の家紋が捺されています。

境内の厳かな雰囲気と上品なお線香の香りで、何だか気が引き締まる思いがしました。

 

8.東京タワー

住所:東京都港区芝公園4丁目2−8 新橋駅から徒歩22分 ホテル1899東京から徒歩15分ほど

最後に訪れたのは増上寺のお隣の東京タワー。

遠くから眺める東京タワーとはまた一味違い、ふもとから見上げる東京タワーは迫力満点ですね。新橋エリアに来た時には必ず訪れたい観光スポットです。

実はこの東京タワー、日によってライトアップが変わります。
ライトアップの種類は東京タワー公式サイトでチェックすることが出来ますよ。

新橋観光の最後に、是非東京タワーの近くまで行ってみてくださいね。

 

今回は新橋ホテル1899東京周辺の神社やお寺とおすすめグルメスポットをご紹介しました。
どれもホテル1899東京から徒歩圏内なので、ぜひホテル1899東京にご滞在された際に参考にしていただけると嬉しいです!

ホテル1899東京では、日本茶カフェの他にも、フロント2階のティーカウンターで抹茶や煎茶、季節のお茶をお召し上がりいただける宿泊者様限定のサービスをご用意しています。

毎日22:00までオープンしていますので、観光・ご夕食の後にも是非、お立ち寄りください。