1899 CHACHACHA Blog

Go To 1899「心の旅の話」| 1899 CHACHACHA BLOG

2020/10/03 心の旅の話 水野豊

Go To 1899「心の旅の話」| 1899 CHACHACHA BLOG


2020年はコロナで始まり、コロナで終わる年として記憶されるかもしれません。
10月現在、コロナ禍もすでに9ヶ月に及んでいます。

そんな中、10月からGo To トラベルキャンペーンに東京が追加になりました。
東京で観光飲食を営む1899として少しずつでも東京内外の往来が活発になっていくことを期待せずにはいられません。人が移動すること、人が会うことなしにやはり観光飲食業は成り立ちませんから。

ただし、コロナ禍は決して収束した訳でなく、冬に向けて大きな波が来るかもしれない恐れを抱きながらの旅行です。世界の潮流をみるとむしろ第3波は来るものと思っておいた方がよいと思われます。

だからといって、今のうちにお得な旅行を楽しんでおきましょうよ!といったことではなく、感染症予防対策をしっかりとした上で、ウィズコロナの時代の「今の旅行」を楽しむのが一興ですという話です。

とある冒険をテーマにした映画のワンシーンに
思い出となる場所で拾ったどんぐりを旅のお土産にしようとする主人公が
「壮大な旅のギフトとしては随分と質素だな」という旅の連れの感想に、
「自宅の庭にこのどんぐりを植えるんだ、そうしたらどんぐりの木が大きくなっていく度に旅の思い出がよみがえる」と述べるというのがあり、旅を語るとき、いつも忘れられないエピソードです。

旅に終わりはない。
ひとつとして同じ旅はないですし、ひとつの旅が終わるとその旅がどんなに大変な思いをしたものであっても、また旅に行きたくなるものです。
その理由を「観光」の語源である「国の光を観る」に感じることができます。
※中国の儒教の経典である四書五経の一つ『易経』にある『觀國之光利用賓于王』(國の光を觀る【みる】 もって王に賓たるに利し【よろし】)に由来するといわれます。

今のコロナ禍に見舞われた世界に光はあるのでしょうか?

今しか、みることができない光があるのが旅行です。

お茶の世界に一期一会という考え方があるようにその瞬間にしか触れられない景色や人の情があるのです。

たしかに感染症予防対策は、移動や人と会うのを抑制し、五感による体験を阻害するものですから、行動を億劫にさせます。万が一を考えると、自分自身の移動を抑止、抑制する気持ちもあります。

だからこその一期一会ではないかと思います。

もちろん、手放しで旅行したり、人と会ったりができないからこその人の営みや人の情に触れる、違った景色に出会う体験ができると思うのです。

こんな時だからこそ、人と会う価値があります。
人と会った記憶や思い出に感動という付加価値が付くのだと思います。

投資の世界に「悲観で買って、楽観で売れ」という教えがあります。
旅行も人生を豊かにする為の投資だとすると、ぜひに今しかできない旅行を楽しんでいただきたいのです。

お気に入りのシーン、景色に出会ったら、アフターコロナでまた訪れてください。
クロードモネの『睡蓮』のように時の流れや変化をいくども体験することが旅行の醍醐味のひとつです。

 


◎今の旅行は「入念なチェック」と「ゆるやかな時間」がポイント!

「旅の恥はかき捨て」とばかりに、行き当たりばったりの自由で気ままな旅もとてもワクワクしますが、今の旅行にはお勧めできません。

何も予定しない旅も、それは楽しいものですが時間に余裕を持った無理をしない旅行を計画して欲しいのです。

というのも、最近のJR東海のコマーシャル「ずらし旅」にとても共感していて、先に述べたように今するべき旅行がそこにあるのですが、ようは穴場の時間や場所を発見するということですから「ずらし旅」こそ入念な下調べが必要です。

そんな時に頼りになるのが、ホテリエやコンシェルジュです。行きたい場所が決まったら、次に泊まる場所を決め、ホテリエやコンシェルジュへ事前に問い合わせしましょう。電話でもよいのですが、メールで聞きたいことや、お願いしたいことを箇条書きにして送るのがよいです。

※たいていのホテルのホームページにお問い合わせフォームが備えてありますから、いつ宿泊予定なのかの記載を忘れずに、メールするのがコツです。
街の水先案内人もホテリエやコンシェルジュの大切な役割ですからきっと力になってくれる筈です。
おもてなしをしたくて、うずうずしているホテリエやコンシェルジュに遠慮は無用です。

そして、「入念なチェック」をしていただきたいのが、Go To トラベルキャンペーンです。
ホテルなどの宿泊施設、飲食施設でちょっと背伸びして、ちょっぴり贅沢を取り入れるのが「今の旅行」ならではです。

Go To トラベルキャンペーンを使えば、旅行代金の実質半額を国から支援を受けられるという、とってもお得なシーズン「今の旅行」です。

今しかないお得なGo Toトラベルキャンペーンを使うには、期間中にただ旅行すれば適用されるのではなく、各旅行会社や宿泊施設で対象旅行宿泊プランが設定されていて、事前に所定手続きが必要になるので注意が必要です。※事後や旅行の途中では原則適用されません。事前の「入念なチェック」をお勧めします。

※Go Toトラベルキャンペーンの期限は2021年1月31日までです。またキャンペーンの全体予算が消化された場合、期限を待たず終了となります。


詳しい内容は『Go To トラベル旅行者向け公式サイト』へ


◎Go To トラベルキャンペーンを最大限お得に使う3つのコツ+α

1.宿泊施設で直接の手配がもちろん可能なのですが、旅行会社や旅行代理店、オンライン旅行サイトで手配するのがとても便利です。特に公共交通機関を利用したり、食事などを含めてパッケージプランで購入するのがバリューです。また、キャンペーンに登録されている宿泊施設や旅行会社等に問い合わせをすればサポートも受けられます。

2.宿泊施設は、延期になった東京オリンピック開催前に合わせて開業予定だったホテルが現今ぞくぞく開業していて、特に開業記念宿泊プランがGo To トラベルキャンペーンの対象になっていたりするとダブルでお得になるので狙い目です。

3.可能ならばピークの曜日をずらすこと。日曜日や連休の最終日の出発、平日の月曜日から水曜日の滞在が穴場で、更に割引されていることが多いです。ただし、気を付けて欲しいのが、当該曜日は飲食店の休みが多いことです。お目当の店舗が休んでいることがあるので注意が必要です。

そして、もうひとつ侮れないのが「地域共通クーポン」です。
※旅行代金の実質半額支援の内15%が「地域共通クーポン」として還元されます。

この「地域共通クーポン」はお土産の購入から飲食店の利用まで幅広く使えるのですが、同じく今月下旬からスタートする予定のGo To イートキャンペーンと併用ができるので、購入額の25%増しのプレミアム付き食事券やグルメサイトで還元されるポイントと併せて使うように予定しておけば、かなりお得に食事や会食ができます。
※東京は今月下旬の予定、地域によってスタートの時期が異なります。

詳しい内容は『Go To イート公式サイト』へ


そして「今の旅行」は、感染症予防対策を怠らず、ゆるやかな時間の旅をくれぐれも心掛けてください。
旅前の入念なチェックが大切ということもお話ししましたが、旅中で人混みは避けたり、換気の悪い飲食店や施設は避けるなど、急な予定変更も余裕をもって対応すること、容易に予定を変更できるフレックスな旅行、徒然な気分で行動が肝心です。決して無理は今は禁物です。

それこそ、前に進めないときはお茶と共に過ごす「ゆるやかな時間」が有効です。

安全なご旅行の為に…

一.三密回避行動(人混みを避ける、人との接触に距離をおく、密閉空間での人との接触は特に避ける)

一.マスク着用(食事などやむを得ない場合を除き、人との接触はマスクを着用)

一.手指消毒(移動などに伴いこまめな手指消毒、帰館後のシャワーなど清潔に保つ)

一.体調管理(発熱、呼吸や味覚の変化、倦怠感などの異変を敏感に察知し、行動を控え即検査)

一.接触確認アプリなどで行動を記録


HOTEL 1899 TOKYOの感染予防対策ページへ


P.S.

お茶と共に過ごす「ゆるやかな時間」を体現したHOTEL 1899 TOKYO

「今の旅行」は街の喧騒を離れ、大切な人や自分の内面と向き合う自分自身へのおもてなしのような旅がよいかと存じます。

HOTEL 1899 TOKYOの客室は庵(茶室)をコンセプトにした閑静で自分時間を満喫できる空間、茶バリエ(ホテルスタッフ)との憩いの場としてレセプションに併設したティーカウンター、街に開かれた庭、縁側をイメージした1階のCHAYA 1899 TOKYOで構成されていてあなたの旅のホームグラウンドになるホテルです。

きっとあなたの「今の旅行」に寄り添うホテルとして、そしてアフターコロナにまた戻れるホテルとして、気に入っていただけます。「今の旅行」のご滞在を茶バリエ(ホテルスタッフ)皆でお待ちいたしております。

HOTEL 1899 TOKYO

【Go Toトラベルキャンペーン対象】宿泊プランのご予約はこちら

茶バリエ(ホテルスタッフ)へのお問い合わせはこちら