ホテルコンセプト

はるか遠い昔から
人と人をつなぎ、寛ぎの時間を彩る存在として
日本が大切にしてきたお茶文化。
1899はそんな“お茶”におもてなしの心を添えて
時間に合わせた新しいスタイルでお届けし、
お茶とのゆるやかな時間を
お楽しみいただく場所です。

お茶を知り尽くした茶バリエが
ゲストをお出迎えするホテル。
やわらかなお茶の香りに包まれながら、
思い思いの時間を過ごすことができるデリ&バル。
今までみたこともないようなお茶料理で
“茶を食す”という新しい体験ができるレストラン。

伝統とモダンが入り交じる空間で
あらためて触れる、お茶のある時間の豊かさ。
ゆるやかに流れるその時を、
どうぞ五感で感じてください。

1899について

1899はホテル龍名館お茶の水本店(東京都千代田区)の
メインダイニング「RESTAURANT 1899 OCHANOMIZU」として、
2014年に誕生いたしました。

創業1899年(明治32年)の龍名館の改装にあたり、
かつて徳川家御用達の名水であったことから
その名が由来するお茶の水の地で
「お茶と共に過ごすゆるやかな時間」をブランドコンセプトに、
龍名館が旅館時代から培ってきた会席料理に
お茶を取り入れ「茶を食す」新しい和食体験を提供してきました。

2018年、国内外のより多くの人たちに、
お茶のあるライフスタイルと出会っていただきたいという想いを持って
ホテル1899東京を開業。
さらにご自宅でも愉しんでいただくために、
1899こだわりの商品もご用意しました。

1899で過ごす時間を通して、心の満足を提供していきます。

お茶とともに、ゆるやかに
心潤う、おもてなし